コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

郵便不正 村木被告「感謝」とコメント(産経新聞)

 検察側の生命線がついに絶たれた。郵便不正事件をめぐる厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判で26日、元係長らの供述調書の証拠採用を却下した大阪地裁決定。証人出廷した関係者が捜査段階の供述を次々と翻す異例の展開に、横田信之裁判長は検察側の取り調べ方法を批判した。弁護人は「無罪判決は動かしがたい」と自信をうかがわせ、村木被告も「感謝」とコメント。一方、有罪立証へ向けての最重要証拠を失った検察関係者は苦渋の表情を浮かべた。

 「正直ほっとした」。村木被告の弁護人、弘中惇一郎弁護士は公判後の記者会見で開口一番に切り出した。

 弁護側が注視していたのは、元係長、上村勉被告(40)の調書の採否。村木被告の関与を取り調べの早い段階から供述していたため、採用される可能性も視野に入れていたという。

 しかし結果は、弁護側の願い通りの却下。弘中弁護士は「検事は『記憶なんてあてにならないから多数決で決めよう。自分に任せろ』と記憶への自信を喪失させ、上村被告を追い込んだ。決定は、この検事の手法に対する厳しい批判だ」と顔を紅潮させた。

 また、同様にすべての調書が却下された凛の会元会長、倉沢邦夫被告(74)については「(暴行脅迫がなく)誘導だけで調書が却下されるケースは思いだせない」と評価。決定全般について「捜査の問題、証言の問題を分析し、これまでまかり通った捜査のやり方を具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価する」と笑顔をのぞかせた。

 村木被告に便宜を指示したとされる元部長(58)の調書などは採用されたが、「(口利きを否定した)石井一参院議員の証言やアリバイ証拠があるので、全く問題にならない」と改めて「無罪判決」への自信をのぞかせた。

 村木被告は「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝している。一日も早く無実であることが明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っている」とのコメントを出した。

 一方、大阪地検は「公判中なのでコメントは差し控えたい」とする次席検事コメントを発表。ある検察幹部は「予想外。これまででは考えられないような決定だ」と言葉少なに語った。

【関連記事】
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因
文書偽造「共犯」に有罪 厚労省事件で大阪地裁
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴
郵便不正無罪、崩れた検察側構図 厚労省元局長公判も苦境に
虐待が子供に与える「傷」とは?

「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分(医療介護CBニュース)
大量の不正けしが関東一円に流通 あへん法違反で捜査 (産経新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

最強の生物 クマムシの謎に迫る ゲノム解読し本格分析へ(産経新聞)

 ■乾燥・高温・高圧に耐える能力

 カラカラに乾燥しても生き延び、高温や超高圧の極限環境に耐える不思議な生物がいる。微小動物「クマムシ」だ。日本の研究チームがゲノム(全遺伝情報)を解読し、驚異的な能力の謎の解明に乗り出した。“史上最強”の生物から、地球外生命の手掛かりも得られるかもしれない。(長内洋介)

 東大大学院の国枝武和助教(極限生物学)の研究室。顕微鏡をのぞくと、半透明の体に短い脚で、もぞもぞと歩くクマムシが見えた。その様子がクマに似ていることが名前の由来だ。

 体長は1ミリ足らずで、脚は8本。ムシといっても昆虫ではなく、ゆっくり歩くことを意味する「緩歩動物」という独立のグループに分類される。陸や海などに約1千種が生息し、身近な場所では道端のコケの中に潜んでいることが多い。

 生物に水は不可欠だが、クマムシは乾燥しても平気だ。水分を失うと体が「たる」のような形に収縮し、「乾眠」と呼ばれる仮死状態に入る。生命活動を示す代謝は検出されず、死んだように見えるが、水を与えると何事もなかったかのように“蘇生(そせい)”して歩き出す。

 「乾眠状態は生きているのでも、死んでいるのでもない第3の姿で、『潜在生命』と呼ばれる」と国枝助教。飲まず食わずの乾眠に耐えた最長期間は9年、凍結保存の場合は20年後に復活した記録もある。

 乾眠状態のクマムシは、極限環境に耐える驚異的な能力を持つ。151度の高温、ほぼ絶対零度の極低温、深海底よりはるかに高圧の7万5千気圧など、普通の生物は死んでしまう厳しい環境でも生き延びる。

 ■未知のメカニズム

 乾燥に耐え抜く動物は、アフリカにいるネムリユスリカの幼虫が知られる。乾期になると、生体分子の保護作用があるトレハロースという糖を大量に合成して蓄え、身を守る。

 だがクマムシの場合、トレハロースの蓄積はわずかしかなく、未知のメカニズムが働いているようだ。国枝助教らの研究チームは昨年、ゲノムを解読して本格的な分析を始めた。

 解読に使ったのは、札幌市内の路上の乾燥したコケから採取した「ヨコヅナクマムシ」。約1万5千個の遺伝子を他の生物と比較した結果、約8割は固有の新規遺伝子と分かった。

 国枝助教らは、乾燥耐性に関係している可能性があるいくつかのタンパク質を発見。ゲノム情報と合わせて、その性質を詳しく調べている。

 乾燥に耐える仕組みが分かれば、現在は凍結保存している細胞などの生体試料を、より簡便で低コストの乾燥状態で保存できる可能性がある。国枝助教は「乾眠からの復活過程を調べることで、『生命とは何か』という根本的な疑問にも迫りたい」と話す。

 乾燥に耐えるクマムシは、実は陸にすむ仲間だけだ。海で生まれた祖先が陸上へ進出する際、この能力を獲得したらしい。米国では乾燥耐性を持たないクマムシのゲノム解読が進行中で、両者の比較で進化の過程が分かるかもしれない。

 ■火星でも生存可能?

 クマムシは宇宙科学の分野でも注目されている。真空や強い放射線など過酷な環境の宇宙で、生命が存在できるかを探る格好のモデル動物になるからだ。

 欧州宇宙機関(ESA)は2007年、乾眠状態のクマムシを人工衛星に載せ、宇宙空間に10日間さらしても死なないことを確認。宇宙空間で動物が生存できた初のケースだ。

 米航空宇宙局(NASA)では、ヨコヅナクマムシの発見者の堀川大樹研究員らが、火星で生存できるかを調べている。火星は地球と違ってオゾン層がないため、有害な紫外線が大量に降り注ぐ。クマムシの紫外線耐性を調べることで、多細胞生物が火星で生存できるかを探る試みだ。

 「地球外生命が存在するかどうかや、地球の生命がほかの惑星に進出して繁栄可能かどうかを検証できる」と堀川氏。クマムシの探究から、生命の無限の可能性が見えてきそうだ。

鈴木俊一・元東京都知事死去(産経新聞)
「陸山会」事件、小沢幹事長が国会で説明へ(読売新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
来週中にも原告と面談=B型肝炎訴訟で厚労相(時事通信)
<難病>2歳男児が手術37回、誕生日に元気に退院…長野(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕-警視庁(時事通信)

 デリバリーヘルスを頼んだ男性会社員(39)に因縁を付け、現金15万円を脅し取ったとして、警視庁深川署などは11日までに、恐喝容疑で、指定暴力団山口組系暴力団組員の風俗店店長船越誠容疑者(25)=東京都板橋区大山金井町=ら3人を逮捕した。
 同署によると、3人は容疑を認めている。都内で同様の被害が数件あるため、関連を調べる。
 逮捕容疑は3月24日、男性の依頼を受け、都内のマンションに女性を派遣した上で、「本番行為をしただろう」と言い、現金15万円を脅し取った疑い。 

【関連ニュース】
乳児遺棄で母親逮捕=埼玉県警
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件
4000万円恐喝容疑で男逮捕=未公開株詐欺の会社側から

3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
首相動静(5月10日)(時事通信)
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。